中くらいにお目出たい時

ロシアの諺で「乾杯しないで酒を飲むのはアル中だけ」というのがあるらしい。ウオッカの国、ロシアらしいなぁと感じたので覚えていた。ちなみに『アルコール依存症』って書いた方が正しいのかな?自分の中ではアルコールに対するタブーはあまりなくて『日の高いうちから飲むなんて……』とか考えた事がない。ひとつだけ自分に架すルールがあるとしたら『お祝い事でもないのにシャンパン飲んで良いのか?』ということくらい。「贅沢しちゃいけない」という自戒なのです。でも、シャンパン好きなのだけれど。
最近は京都の『ワイングロッサリー』さんのサイトでワインを探したりすることが多い。ここは本当にワイン好きになってしまうサイト(^_^)内容が充実しているのはもちろん、余所ではあまり見かけないシャンパンがあるし、ヨーロッパ以外のワインにも力を入れているのが楽しい。これまでワインなんて全く知らないくせに「アメリカやオセアニアのワインなんて、どうなのかなぁ?」とか、「発泡性ワインはシャンパン以外ダメなんじゃないの?」みたいに妙な先入観持っていたのだけれど、こちらのサイトを読んで全然違っていた事に気づいた。
d0104566_1475325.jpg先々週は出張ついでに、夜遅くなったけれど京都の店舗にも行ってみた。スタッフさんに好みを話して勧めてもらったのがニュージーランドの発泡性ワイン、「モートン・エステート(Morton Estate)」のブリュット。酸がキリッとしていて、きれいな泡がいつまでも続いている(^_^)満足、満足。食事にも合うし、特別にお祝いするほどではなくても、ちょっとした良い事があった時に飲むのに相応しい価格帯かなぁ。

         めでたさも 中くらいなり おらが春   (小林一茶)

[PR]
by glitter_in_eyes | 2007-04-12 01:48 | ☆□D\(^_^ )飲んだり
<< 期待の新人 春雨、恐るべし(チャプチェ) >>